レーガーヴィオラソナタ集

Josef Klusoň(va)& Sachiko Kayahara-Sakakibara (pf)

 

マックス・レーガー:
(1)ピアノとビオラの為のソナタ 第1番 in A flat , op.49(1901年)
(2)ピアノとビオラの為のソナタ第2番 in Fis moll , op.49
(3)ピアノとビオラの為のソナタ第3番 in B flat , op.107(1909年)

発売元/Harmonia Mundi Praga (フランス)

¥2,400

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

HarmoniaMundiの当初のプランでは、レーガー作曲ヴィオラソナタ第3番と他の室内楽曲をカップリングする予定でしたが、第3番の出来が予想外によかったため、急遽第1番第2番をレコーディングして「ヴィオラソナタ全集」となりました。

私個人としては第3番ソナタが一番気に入っています。