Contrabass/Toshinobu SAKAKIBARA

コントラバス奏者 榊原 利修のプロフィール

 

 

 

セントラル愛知交響楽団コントラバス奏者・楽団長。

(楽団長に関する記事は→こちら

 

 

愛知教育大学卒業後、桐朋オーケストラアカデミー修了。

 

2003年、チェコ共和国・プラハコンセルヴァトワールにてチェコフィルハーモニー管弦楽団のイジー・バレンタ氏に師事。

 

  

オーケストラの活動の他にも、ソロや室内楽の分野でも精力的にコンサートを行なっている。

 

チェコ共和国を代表する四重奏団 プラジャーク・カルテットとの共演や2006年にソプラノの盛かおるさんらと結成した

『トリオ・フローラ』、セントラル愛知交響楽団のメンバーと結成した『プシャーテル・アンサンブル』

また2008年よりアコーディオンの世界的名手アンジェロ・アクィリーニ氏らと結成した『アンジェロ・アクィリーニトリオ』など、様々なユニットのメンバーとして演奏活動は多岐にわたる。

 

 

  

2008年、『茂木大輔のくわしっく名曲鑑賞ガイド・コントラバスの運命』ではドラゴネッティのコントラバス協奏曲を共演。

 

2012年文化庁本物の舞台芸術体験事業16公演ではソリストとしてヴァンハールのコントラバス協奏曲をセントラル愛知交響楽団と共演。

 

また来年2014年1月31日(金)第131回定期演奏会で当団音楽監督のレオシュ・スワロフスキー指揮でヴァンハルのコントラバス協奏曲 ニ長調 を共演。好評を博す。

関連記事は→こちら

 

  

今年2013年には2枚目のCDとなる『モティヴィ / 榊原利修 コントラバスソロ・デュオ集』をリリース。

 

 

中博昭、R・ツェッパリツ、J・バレンタの各氏に師事。

 

2012年11月よりセントラル愛知交響楽団の楽団長に就任。

 

2014年4月より愛知県立明和高校 音楽科 非常勤講師

撮影:天野正明
撮影:天野正明