Janáčekの足跡3~ Štramberg シュトランベルグ

作曲家ヤナーチェクのお気に入りの街は「シュトランベルグ」という、丘の上にある小さな街でした。

ヤナーチェクは、若い頃からシュトランベルグをしばしば訪れていました。晩年体調を崩してしまってからも、シュトランベルグには出向いていたそうです。

ヤナーチェクが大好きだった街を私も訪ねてみたいと思い、行ってみたところ、とても居心地のいい街でした。塔の上に上ると360度パノラマでのどかな景色が見渡せます。空を仰ぐとヤナーチェクがこちらに向かって微笑んでいるような気さえしました。

たった半日しかいなかったのに大好きになりました。もしチェコに再び行くことがあれば必ず寄りたい街です。

上の写真はヤナーチェクが死の直前に旅行したシュトランベルクの写真です。
ヤナーチェクはこの地をとても気に入っていたそうです。シュトランベルクはとても美しい街で、ヤナーチェクがこの地を好んで何度も訪れていた理由が分かるような気がしました。
チェコでは珍しく、日本の飛騨を思わせるような木造の建物が沢山ありました。